日本赤十字社和歌山県赤十字血液センター


日本赤十字社和歌山県血液センター
はじめての献血
What's献血
献血バスの日程
献血ルーム
献血施設のご案内
Q&A
入札・契約情報
医師・看護師の募集
献血の統計情報
アドビフラッシュプレイヤーダウンロードへ
上のイメージムービーを見るにはmacromedia FLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードしてください。
アドビアクロバットリーダーダウンロードへ
PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

ホーム > 献血のわっか > 企業・団体様のご紹介!
企業・団体様のご紹介! 会社・団体で献血に協力したい! 献血実施までの流れ
※献血にご協力頂ける和歌山県内の企業・団体様を募集しています。
2011年度 2010年度 2009年度 2008年度

※ご覧になりたい年度をクリックしてください。

◆2009.3.19 且R本進重郎商店にて


「社会に貢献する企業として、すべての人々が明るく豊かな生活をし、地球環境と調和のとれた循環型社会を創造するため私たちが今できうる役割を全うする」を企業理念に、プレカット工場不動産の有効活用やスーパー銭湯事業など、現在は4事業部を営まれております且R本進重郎商店様での献血実施です。先陣を切って献血にご協力いただきました山本社長様(写真左)をはじめ、今回献血実施にあたり色々とお世話をしてくださった稲生様・有北様、本日はお疲れ様でした。そして献血にご理解・ご協力いただきました職員の皆様ありがとうございました。

◆2009.3.12 木彫刻にて

和歌山ライオンズクラブ企業

和歌山の地場産業である捺染業。繊維に模様を印捺するという夢のある加工をされておりますここ和歌山市中之島の高木彫刻蒲l(07'元気なモノ作り中小企業300社にも選ばれました)での献血実施。関連企業様からのご協力もいただき41名ものご協力をいただきました。冷たい風が吹く中、バスの外でお待ちいただいた皆様、車に乗り合わせてお越しいただいた潟jーフテックの皆様、ありがとうございました。

◆2009.3.12 和歌山三菱ふそう自動車販売にて

和歌山西ライオンズクラブ企業

晴天に恵まれた日でしたが、あいにく風が強く、冷たい…、ですがそこは和歌山三菱ふそう自動車販売様。うでっぷしのいい整備士さんが朝から受付に駆けつけて下さいました。
献血の担当をして下さった山路さま、年度末の忙しいなか、献血に取り組んでいただき、また時折「受付、今何人?」などと気に留めていただき大変恐縮です。今後とも献血へのご理解・ご協力をお願いいたします。

◆2009.3.5 竃L工業所にて

和歌山市雑賀崎工業団地にあります竃L工業所様。こちら鉄構事業部では、橋梁上部工を中心として水門・ゲート、プラント設備等の製作を行っており、梅が内橋、広中央跨線橋、高野龍神スカイライン桶谷橋、小雑賀橋、北田井ノ瀬橋など、数々の橋梁上部工を手掛けておられます。
今回の献血は、関連事業所様にもお声を掛けていただき総勢56名のご協力を得ることができました。献血実施に快く引き受けて下さった久保社長様をはじめ、ご担当していただきました宮崎様、心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

◆2009.3.5 和歌山通信建設鰍ノて


早朝8:30から開始しております、ここ和歌山市坂田の和歌山通信建設蒲lでの献血実施。工事現場へ向かう前にと、社長様、ご担当いただいております丸谷様をはじめ、大勢の職員さんが駆けつけて下さいました。私たちが安定して安全な血液を医療機関へお届けできるのは、こうして会社をあげて献血という奉仕活動に取り組んでいただける企業様があってこそ、本当に感謝しております。

◆2009.2.19 大和ハウス工業和歌山支店にて


年2回の献血実施いただいております大和ハウス工業釜a歌山支店様。写真(中)玉田様は会社で何か社会貢献できないものかと献血を始めて下さり、和歌山県の献血状況をお話しすると血液が不足する夏場と冬場の年2回の献血実施を快く引き受けて下さいました。これからも、どうかよろしくお願いいたします。

◆2009.2.19 国土建設にて

和歌山東ライオンズクラブ企業

本日は、和歌山市手平にあります国土建設蒲lのご協力です。職員の皆様、関連会社の皆様、総勢69名の方がそれぞれ車に乗り合わせて献血会場へと駆けつけて下さいました。このように会社をあげて献血に取り組んでくださることは本当にありがたいもの。冬場の血液在庫は不安定。いつ何時、血液が必要になるかわかりません。血液の安定供給のため、この命のリレーを途切らせないためにも、今後も引き続きご協力をお願いいたします。本日は、ありがとうございました。

◆2009.2.17 スガイ化学工業にて


ご協力いただきました企業様はこちらスガイ化学工業様。‘和而不流’(周りと調和しつつ、しかし決して周りに流されない)を社是として、豊かな人間社会の実現に貢献する企業をめざされております。スガイ化学工業様は東京・大阪に営業所、福井に事業所を展開されており、本日は和歌山の本社・研究所(午前)と和歌山西工場(午後)にて献血を実施いたしました。
職員の皆様、雪が降りそうな寒空の下、献血に駆けつけてくださりありがとうございました。
 

◆2009.2.13 紀の国住宅 総合住宅展示場 夢創庫にて


毎年この時期に献血のご協力をいただいております紀の国住宅様。本日は、有本にあります総合住宅展示場夢創庫の駐車場をお借りしての献血実施です。今回はRE-BORN(リボーン)会の皆様(写真右)が指揮を執ってくださり、紀の国住宅蒲l、関連事業会社の皆様をあわせ総勢94名ものご協力をいただきました!血液在庫は気の緩められない状況が続いておりましたが、回復の兆しが見えそうな日となりました。最後に、本日ご参加いただいた皆様、待ち時間が長く大変ご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。

◆2009.2.10 和歌山市消防局にて


本日は、和歌山市消防局での献血です。献血実施にむけ30名のご協力をいただきたい旨を担当者様にお伝えしたところ、31名もの鍛え抜かれたFIREMANが冬場の血液不足に早朝8:30から献血に駆けつけてくださいました。皆様、業務・訓練と忙しい中、本当にありがとうございました。
写真(中)右側は田广様、700回以上もの献血にご貢献いただいております。

◆2009.1.27 阪和電子工業にて


企業姿勢「チャンス、チャレンジ、チェンジ」の精神で実行する勇気と将来を見据え、英知を集め、社会に貢献、業界のオンリー・ワンを走り続ける阪和電子工業様。半導体評価用測定器の分野において、静電気放電(ESD)技術を用いて、半導体の品質管理に不可欠な評価・解析用検査装置を開発・製造し、国内シェア70%を誇っているそうです。2006年には’元気なモノ作り中小企業300社’に選ばれたそうです。毎回、献血には行列が出来るほど!受付もアタフタです。

◆2009.1.27 潟Iークワ本社中島店にて

和歌山西ライオンズクラブ主催

猛暑の8月、凍てつく1月の年2回ご協力くださっております潟Iークワ本社職員の皆様、そして店頭にて呼びかけをしてくださいました和歌山西ライオンズクラブの皆様、寒さ厳しい中、献血にご尽力いただきましてありがとうございます。写真(右)は、献血の担当をしてくださってます小谷様、今回で2回目のご協力をいただきました。お忙しい時期に、ご協力いただき大変感謝しております。

◆2009.1.15 和歌山放送にて
1958年創立、1959年に開局し、今年で50周年を迎えられました和歌山放送様に献血のご協力をいただきました!早朝からの献血にもかかわらず、大勢の職員さんが駆けつけてくださいました。
これからの50年に向かって呼びかける声と、和歌山放送の愛称Wahoo(ワホー)を組み合わせたキャッチコピーとロゴが完成しました(写真:上段右)。

◆2008.12.17 和歌山労働局にて


本日は、先月17日(月)に移転されました和歌山労働局様に献血のご協力をいただきました。小雨のなか大勢の方が献血に駆けつけてくれました。写真(中)の方は、一度は受付で帰られたのですが、400mL献血の必要性を理解していただき、「400mL献血に挑戦します。」と戻ってきてくれました。
今回は比重の基準値が満たずご協力いただけませんでしたが、これに懲りず是非、献血に挑戦してください、お願いいたします。

◆2008.12.14 08'クリスマスキャンペーン

和歌山県学生献血推進協議会主催

メッサオークワガーデンパークで実施いたしました08'クリスマスキャンペーンは、169人もの方がご参加くださいました。献血会場では、この日のために何度も入念に会議を重ねてきた和歌山県の学生さんたちが、買い物に訪れた皆さんに献血へのご協力を呼びかけてくれました。献血にご参加いただいた方には、オリジナルクリスマスプレゼントや温かい飲み物・子供たちには風船が配られ大賑わいでした!なによりこのキャンペーンを盛り上げていただきました学生の皆様、本当にご苦労様でした。多くの方々に献血への理解を得られたと実感した日になりました。

◆2008.12.4 和歌山大学 基礎教育棟にて

和歌山県学生献血推進協議会協力

ここ和歌山大学では、年間を通じ4月、7月、12月に2日間献血を実施させていただいております。この寒い時期には毎年、献血に駆けつけてくれた学生さん達に喜んでいただけるようにと、カップ麺やおでんを提供しております。写真(中)の学生さんは、血液が不足の事態を伝えると、自ら進んで初の献血に挑戦してくれました!本当にありがとうございます。
「痛いのが嫌っ!」「針が怖いっ!」との声をよく聞きますが、ほんの少しの勇気で助かる命があることを知ってください。
こちらをクリック

◆2008.12.3  スーパーヒラマツ園部店にて

和歌山中央ライオンズクラブ主催

和歌山中央ライオンズクラブ主催で、園部にありますスーパーヒラマツ様に場所を提供していただき、献血を実施いたしました。当日は、晴天にも恵まれ、多くの方が献血にご協力くださいました。
和歌山中央ライオンズクラブの皆様、朝早くから献血推進にご協力くださいまして、ありがとうございました。

◆2008.11.28 鞄圏m精米機製作所にて

みなさんも‘無洗米’って言葉をよく耳にしたことがおありでしょう。
今回献血にご協力いただきましたここ鞄圏m精米機製作所様では、BG(ブラン・グラインド)精米製法を用いた米を研がずに炊ける、米のとぎ汁による水環境汚染の防止、BG無洗米を開発されました。平成3年より、BG無洗米の普及を第1の環境事業として推進され、BG無洗米の加工過程で生じる副産物「米の精」(有機質肥料)を大地に還元し、完全リサイクルする健全な「循環型農業」の普及を第2の環境事業として取り組んでおられ、また社会奉仕活動の一環として、年2回の献血にもご協力いただいております。今後も、献血へのご協力をお願いいたします。ありがとうございました。

◆2008.11.27 釜a歌山印刷所にて


本日ご協力いただきました釜a歌山印刷所様は、‘わいんエコプロジェクト’(社内外の環境啓発活動を行い、弊社環境方針に定める「豊かな水ときれいな空気」に育まれる街づくりに積極的に参加し、地域社会の一員としての役割を果たすことが目的)を掲げ、職員一丸となって環境問題に取り組んでいます。平成19年度には関西エコオフィス大賞・奨励賞(中小企業・団体部門)を受賞されたほど!
年2回実施にもかかわらず、営業に出る前にと、職員の皆様は積極的に参加してくれました。
本日は、たくさんのご協力ありがとうございました。

◆2008.11.26 イズミヤ梶@和歌山店にて

和歌山ゴールドライオンズクラブ主催

和歌山ゴールドライオンズクラブの皆様方の'熱心な献血啓発’のお力をいただき、たくさんの方が献血へお越しくださいました。
血液比重の基準値が満たなく、ご協力いただけなかった皆様、健康3大要素を心がけて『次回こそッ!』の精神で、これに懲りずにお越しください。
クラブの皆様、ご協力に駆けつけていただいた皆様、本当にありがとうございました。

◆2008.11.13 新中村化学工業にて


昨年から年2回の献血実施にご協力いただいております新中村化学工業様は、アクリル樹脂の先進メーカーとして、エマルジョン重合、懸濁重合、溶液重合など、アクリル樹脂の特性をさまざまな角度から研究し、独自の製造技術を確立。それを基盤に、繊維加工用を中心に紙加工、建材用など、多岐分野においてご活躍されており、2006年には’元気なモノ作り中小企業300社’に選ばれたそうです。
本日は、たくさんのご協力ありがとうございました。

◆2008.11.12 メッサオークワガーデンパークにて

和歌山西・南・はまゆうライオンズクラブ主催
血液不足ぎみの本日、たくさんの方がご協力くださいました。
献血にご協力くださいました皆様、啓発活動していただきましたライオンズクラブの皆様ありがとうございました。

サイトマップ リンク集 各種ポリシー
Copyright 2008 Wakayama Red Cross Blood Center.All Right Reserved.