日本赤十字社和歌山県赤十字血液センター


あなたのブログが命を救う!キャンペーン!
日本赤十字社和歌山県血液センター
はじめての献血
What's献血
献血バスの日程
献血ルーム
献血施設のご案内
Q&A
入札・契約情報
医師・看護師の募集
献血の統計情報
あなたのブログが命を救う!キャンペーン!
アドビフラッシュプレイヤーダウンロードへ
上のイメージムービーを見るにはmacromedia FLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードしてください。
アドビアクロバットリーダーダウンロードへ
PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

ホーム > What's献血 > 献血の種類
What's献血
献血の必要性 献血の種類 献血の基準 献血の手順 献血後のお願い 検査成績のお知らせ
献血の種類
献血バスでは全血献血を、献血ルームでは成分献血を中心にお願いしています。
献血は、400mL献血・200mL献血と成分献血(血小板成分、血漿成分)があります。

全血献血 400mL献血 400mL献血と200mL献血は全血献血ともいい、血液のすべての成分を献血していただく方法です。
200mL献血
成分献血 血小板成分献血 成分献血は、血液中の血小板成分や血漿成分だけを採血装置を用いて献血していただく方法です。
血漿成分献血


医療の現場では、輸血効果を高め、副作用を軽減することのできる400mL献血・成分献血由来の血液の需要が多くなっています。
そのため、血液センターでは400mL献血と成分献血をお願いしています。

成分献血は、有効期間が短い血小板(採血後4日間)を安定して供給し、多くを外国からの輸入に依存している血漿分画製剤の国内自給を達成するために、とくに強くお願いしています。

献血方法別献血割合(和歌山県)平成19年

平成19年度献血方法別献血割合 PDF (ZIP形式圧縮)約20.2MB

はじめての献血の方へ戻る
サイトマップ リンク集 各種ポリシー
Copyright 2008 Wakayama Red Cross Blood Center.All Right Reserved.