日本赤十字社和歌山県赤十字血液センター


あなたのブログが命を救う!キャンペーン!
日本赤十字社和歌山県血液センター
はじめての献血
What's献血
献血バスの日程
献血ルーム
献血施設のご案内
Q&A
入札・契約情報
医師・看護師の募集
献血の統計情報
あなたのブログが命を救う!キャンペーン!
アドビフラッシュプレイヤーダウンロードへ
上のイメージムービーを見るにはmacromedia FLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードしてください。
アドビアクロバットリーダーダウンロードへ
PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

ホーム > What's献血 > 献血の手順
What's献血
献血の必要性 献血の種類 献血の基準 献血の手順 献血後のお願い 検査成績のお知らせ
献血の手順
1.献血受付
献血申込書にご記入いただきます。
なお、既に献血履歴のある方は、申込書のご記入を一部省略する場合があります。お申し込みの際に記載していただく個人情報(住所氏名など)は厳重に管理され、外部に流出する恐れはありません。


2.問診票のご記入
献血される方の安全と患者様が安心して輸血をうけられるよう献血をお申し込みいただいた方の健康状態を伺うために問診票にご記入していただきます。


3.問診および血圧測定
ご記入いただいた問診票に基づいた問診と血圧測定を行います。
問診内容のプライバシーは厳守されますので正確にお答えください。


4.血液比重測定、血液型事前判定
貧血の心配がないか、血液比重(血液の重さ)の測定と血液型の仮判定を行います。成分献血の場合は、血小板数の測定も行います。
採血する際には、細菌などの混入がないように、針を刺す部分の皮膚を厳重に消毒していますが、今までにヨード過敏症といわれたり、ヨードによるアレルギー症状を起こされたことのある方は消毒液を変更しますのでお申し出ください。


5.献血(成分献血・400mL・200mL)
採血ベッドに横になり献血です。
注射針を刺したとき、チクッと痛みを感じますが、すぐに痛みは和らぎます。万が一痛みが続いたり、指先まで響くような痛みがあれば、近くにいる看護師、医師等にお知らせください。
採血にかかる時間は、200・400mL献血で5〜10分程度かかります。成分献血は採血量に応じて40〜90分程度時間がかかります。

使用される採血針や採血バッグは一人ひとり新しいものを使用していますので、ウイルス等が感染する心配はありません。


6.休憩
献血後には、ドリンクなどがそろう休憩場所でしばらくお休みいただきます。
最後に献血手帳に今回の献血を記入してお渡しいたします。
献血カードはご自身の献血記録になりますので無くさないようにしてください。


7.献血カード受取り
献血カードは、ご自身の献血記録になりますので次回からも必ず持参ください。
また、献血手帳をご持参いただいた場合、以後献血カードとの併用は出来かねますので、回収させていただきます。

はじめての献血の方へ戻る

サイトマップ リンク集 各種ポリシー
Copyright 2008 Wakayama Red Cross Blood Center.All Right Reserved.